ポケ猫ぽけこの日記withのん太郎

公園に捨てられていた、小さな子猫ぽけこちゃんと元野良猫ののん太郎とのホリスティックな日々を綴ります♪

ホメオパシー日記

皮膚のトラブルに

皆様こんばんは、今年も残りわずかとなりましたね。
おかげさまで我が家のぽけこ&のん太郎も元気です。

さて、最近 保護猫のほまれちゃんを愛情たっぷりに預かってくださっている
eliilimさんのブログでホメオパシー&フラワーエッセンスをご紹介していただいているおかげで、
皆様からホメオパシーについてのお問い合わせをいただいております。

おかんはまだ学生の身ですが、自分で理解している範囲で今回
動物の皮膚トラブル別のホメオパシーのレメディにについてご紹介します。

以前、口内炎のことをこのブログで書いた時にも説明しましたが、
西洋医学においては病名で薬を選びますが、
ホメオパシーでは、病名でレメディを選ぶのではなく”症状”&”根本体質”でレメディを選びます。

例えば、同じ頭痛の場合、西洋医学ではいわゆる”バファ〇ン”や”セ〇ス”などの鎮痛剤で
”頭痛”という大まかなカテゴリーに分けて
痛みを抑えるようにしますが、ホメオパシーの場合、

”右側の頭痛なのか”
”左側か?”
”ズキズキする痛みか?”
”頭を殴られたような痛みか?”
”鈍痛か?”
”内側の痛みか?”
”外側の痛みか?”
”夜悪化するか?”
”朝悪化するか?”などなどなど~~~~

様々な症状の特徴からレメディを選び出します。
特徴を細分化することよって各人の症状にあったレメディにめぐり会えると、
非常に効果を発することができるのです。

そんな中、皮膚のトラブルのケースは症状がかなり多様で、私が勉強している限り、
食べ物でのトラブル、ワクチンを打って以来の不調、ストレス、遺伝性などの原因があげられますし、
今までの生活パターンもかなり関係してきますので、このレメディ1つだけで治る!とは
言い切れませんし、体内の不純物のデトックスをしないと効果が出ないと思いますが、
大まかに症状別に合うレメディを挙げたいと思います。

因みに、ワクチンを猫よりも接種するワンちゃん達の方がトラブルが多いと思われます。
(狂犬病ワクチンも打たなきゃいけないし。。。)

☆湿疹、 焼けるような痛みを伴う痒みに - Petrolium (石油のレメディーです、今まで薬や保湿剤を使っていた場合、石油系油脂のアレルギー症状が出ていることが考えられます。)


☆乾燥性の湿疹、心配、不安を伴う、怖がり、元気がない子  ― Grap

☆白癬、真菌性の皮膚炎 - Apis、Ber, Bac, Calc-phos, Sil, Thuj, Grap 他多数

☆皮膚の脱毛を伴う症状に - Alumen, Ars, Kali-ars, Lycopodium, Nat-mur, 他多数

☆痒みを伴う湿疹 - Alumina (アルミニウムのレメディーです、ワクチンに含まれている場合があり、
神経にも影響を与えるとも言われています、人間にもアルミニウムの害によるキレやすい性格についても
研究されています。)Amm-Carb, Anacardium, Ant-C, Calc-carb, Rhus-tox, Sulphur,Mercurius(
マーキュリー、水銀のレメディです)、他多数。。

☆イボのようなできもの - Causticum, Nit-ac, Thuja 他多数

☆皮膚の色素沈着 - Nat-mur, Calc-f, Ferr-p 他多数

☆お薦めマザーティンクチャー - Urtica urens (皮膚のかゆみやアトピー症状に)

と色々有りすぎて、困るくらいなのですが、ほんの一部を挙げてみました。
因みに1種類のレメディを投与していく、クラシカルメソッドで
効く場合もあれば、ワクチンの接種回数、投薬経験、遺伝などのバックグラウンドにより、複数のレメディを
投与しなければ効果が無い場合もあります。特に何世代にわたって小さな身体にワクチンを打ち続けた
純血種の犬ちゃん、猫ちゃんのケースは複雑です。

ホメオパシーのレメディの種類が有りすぎて中々ヒットしないかもしれませんが、
一度効くものに出会うともう西洋医学の薬なんて飲んでられないほど実感できると思います。

本当は的確に効果があるレメディを摂取するために、
一度はプロのホメオパスの先生に診てもらうことをお勧めします。
以下のURLをクリック


http://www.homoeopathy-center.org/consultation/animal.html

通信相談もやっていただけますよ!

さて、おかんも進級試験を来年2月に受けなければいけません。
まだまだプロのホメオパスへの道のりは険しいですが、
自分の勉強にもなりますから、皆様からのお問い合わせは大変
ありがたく思います。

我が家ののん太郎も御礼申し上げます。。。
すまん寝 のん太郎

あ、ただのすまん寝でした。。。。




シナモンちゃん&elilimさんとホメオパシー相談会へ

『お知らせ』
只今、ぷくぷくさんが保護したハナちゃんが「いのちつないだワンニャン写真コンテスト」にチャレンジ中です!下記ハナちゃんの画像をクリックしてサイトへジャンプ→ページ中段の「この作品に投票する」をポチッ!と押して投票よろしくお願いします、1日1投票有効なのでPCと携帯からポチポチっ!とよろしくお願いします
img8854f2e8zik0zj
___________________________________________________________


今日、ホメオパシーでお目目を治療中のシナモンちゃん&その乳母様の
ブログ”猫園 nyangoハウス”のelilimさんについにお目にかかれることができました


現在、シナモンちゃんは
ホメオパシーにて結膜炎&角膜潰瘍を治療中で、乳母様のelilimさんが
献身的にホメオパシーレメディを投与してくださっています。

シナモンちゃんは川崎市にてほかの兄弟と共に捨てられていたところを
保護されたものの、他の兄弟は皆亡くなってしまい、
現在、頑張って生きてこれたシナモンちゃんのみ、
elilimさんのところで愛情深くお世話されています。

そのシナモンちゃんですが、さらなる治療のため、
本日、アニマルホメオパスの大先輩である、
古谷先生に診てもらうことになり、ホメオパシーの学校内にある、ホメオパシー動物相談室
来ていただく運びとなりました。

気になる眼ですが、やはりまだ緑内障の症状が残っている様子、
後、細身のシナモンちゃん、まだまだ栄養が足りないようなので、
眼にアプローチするレメディの他に栄養補給のためのマザーティンクチャー、Pet06 Alfalfaも
勧められました。

この液体のマザーティンクチャー、ぽけこがまだ我が家に来て間もない、
お痩せさんだったころに、よく取らせていましたが、みるみるうちに真ん丸に
なってしまい、ぽけこ⇒ぽてこ、と改名しようかと思うくらいコロコロちゃんになりましたので、
きっとシナモンちゃんにも効いてくれることと思います。

可愛いシナモンちゃんは先生も可愛い~と何度も褒めてもらってました、が

すみません、余りのかわいさにシナモンちゃんの可愛いお姿の写真を撮らせていただくのを
忘れていましたので、シナモンちゃんの事をご覧になりたいお方は
ぜひ、elilimさんのブログ

そして今日elilimさんからおとん&私に素敵なプレゼントを頂戴しました♪

だ~いすきなあんぱん
elilimさんの地元の名物の珈琲あんぱん&ずんだあんぱん&他

おかんは柑橘系のジャム、マーマレードが大好きなので、本当に
うれしかったです~。

DSC00708

早速、おとんとコーヒーあんぱんを頂戴しました。
美味でした!
プロのイラストレーターであり、デザインもされているelilimさん、
さすが、お洒落なお土産のセンスですね
本当にどうもありがとうございました。

どうかホメオパシーがさらに効いて、シナモンちゃんのお目目&体調が
良くなりますように!

シナモンちゃん、elilimさんと一緒に頑張るんだよ~♪


カレンデュラ 開花~

昨年の秋、ホメオパシー農法で収穫された
カレンデュラ(キンセンカ)の種を植えたのですが、
植えた数日後に大雨になってしまい、庭も水浸し、種が流れてしまってはいないかと心配していましたが、

先週、無事につぼみが確認されました
カレンデュラ つぼみ


そして、ここ数日の暑さで、、、
カレンデュラ 開花

ついに開花しました~

カレンデュラ 開花2本
2株目も順調に育ってくれています♪
完全無農薬栽培です

さて、そのカレンデュラですが、欧米では”この花を見るだけで病気が癒される、”と言われるほど効果が信じらています。

ただの言い伝えだけでなく、
カレンデュラの成分にはビタミンA,サポニン、フラボノイドが入っていて、
天然のステロイドとしての効果があり、
怪我したときの内外傷の消毒、
そして心の傷にも効用があると言われてます。

欧米ではカレンデュラ成分の入ったクリームなどが傷、あれ肌用の
軟膏として沢山販売されていますが、日本製はホメオパシージャパンの製品以外なかなか販売されません、やはり製薬会社とのからみでしょうか????

うちのぽけこ&のん太郎も避妊&去勢手術のあと、カレンデュラのレメディーをとり、カレンデュラのマザーティンクチャーで消毒していたのですが、
そのおかげか、
手術後、帰宅してふたりとも全然元気で飛び回っていました。
見ているおかん&おとんは傷口が開かないか冷や冷やもん。。。

特にぽけこはフラワーエッセンスにもとても敏感で、
フラワーエッセンスのボトルのふたを開けただけで飛んで来て、
”あたちにも飲ませて~”とおねだりします。
(動物にあげてももちろんOKです)

日本でもフキ畑に入るだけで薬効がある、と私の祖母が言っていましたが、薬の元祖である植物にはそれぞれパワーがあるのですよね。

これからも
愛する我がぽけこ&のん太郎のために、できるだけ安全、自然に
健康を維持していってあげたいと思っています。

そんなおふたりですが、ここ数日の暑さで少々へたり気味、、、
かごののん太郎

お気に入りのバスケットで爆睡中ののん太郎です

アニマルホメオパシーの授業

昨日は世間はバレンタインデーハート
ですが、おかんはおとんとぽけことのん太郎を
おうちでお留守番させて、アニマルホメオパシーの
授業に行って参りました走る

今日の授業は、インコ一羽、犬2匹、猫一匹のケーススタディが
あり、その内の猫ちゃんのモデルケースは

以前、我が家でもお預かりしていた海老蔵くんだったんですびっくり

img20100215_1.jpg

我が家で療養中だった海老蔵くん

海老ちゃんは去年の6月、突然、下半身がだら~っとなり、
動けなくなっているのをオーナーであるおかんのお友達が発見。

即、救急病院に連れていきましたが、どうやら心臓肥大?による
血栓症で下肢動脈に血栓が詰まり、体温もどんどん下がっていき、
あと数日の命では???とお医者さんに診断されました悲しい

しかし、元々ホメオパシー愛好家であるお友達は
どんどんホメオパシーを投与。

その後2回転院した後の入院先での面会時間に
こっそりとレメディを投与していきました。

初め、あと数日の命では???のお医者さんのコメントが
あと1週間位、、、に変わり。

その後、血栓で麻痺し、壊死していく片足を大腿部位から切断すれば
命は大丈夫。。。という診断に変わっていきました。

片足が完全に壊死するリミットは2週間位では?と言われましたが、
その後、おかんの友達は頑張りました。

夜中も1,2時間おきに起きてレメディーを爆弾投与、
命に関わる緊急の場合は何種類のレメディーをどんどん
服用するメソッドもOKなのです。

プロのホメオパスの先生にもアドバイスを受け、睡眠不足なんて
おかまいなし、海老ちゃんを助けたい、足の切断だけは避けたいと
思って日々介護していました。

そして、段々と壊死していく部分から腐った肉のような膿がどんどん
出てきて足先が腐っていってるようになってきました、、、

<>そして、信じられないですが、ある日、足先(肉球の部分)だけが
ぽろっと外れたんです
。{ショック}

でも、もげた部分と足が筋だけが繋がってたので、
ホメオパシー獣医師さんのところで、その筋だけ、”チョッキン病院
と切ってもらいました。

その後、寅子先生にも診てもらうようになり、
寅子先生のミラクルホメオパシー処方でさらにどんどん回復していき、
一時は死を覚悟した海老ちゃんですが、今や普通に歩けるし、走れるし、
キャットタワーにも平気で登れます。

足先が無くなってしまったのは残念でしたが、
最悪の場合は死、良くても大腿部から切断、とまで
言われていたので、海老ちゃんは、
”生きる為に不必要な物を自ら手放した”のでは、、と思います。

ぽけこも同じく生まれた時から右前足先がありませんでしたが、
器用にどこでも登ろうと頑張るし、のん太郎とじゃれあう時も
片足が使えない分、お口で噛み噛みして対抗しています。困った
動物の生命力は凄いです、、
そしてホメオパシーの自己治癒力を高める働きも、、、

img20100215.jpg

さ、、おかんは進級試験にむけて勉強せねば力こぶ


img20100215_3.jpg

こたつで勉強するおかんの隣で寝るぽけこキラキラドキドキ大

img20100215_2.jpg

<太>最近、こたつの中ばかり長時間いると暑いのか、
器用に頭だけ出してすやすや寝てくれています
ZZZウインク

寅子先生との相談会その2

鐘世間はクリスマス木

皆様素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか?

さて、先日、ぽけこちゃんは由井寅子先生の
ホメオパシー動物相談会にてカウンセリングを受けてきました。

2回目のカウンセリングで慣れた?ドキドキ小もんだわ?
と待合室にておとなしく待つぽけこ
img20091225.jpg


後頭部のV初心者サインも健在でふよキラキラ
img20091225_1.jpg


1回目のカウンセリングの後、ぽけこの右足の奇形の
原因とも思われる梅毒マヤズムの毒出し&噛み癖のBelladonnaの好転反応?
&猫風邪?で入院したぽけこちゃん悲しい

その後はすっかり元気ですが、
寅子先生がおっしゃるには、入院中の抗ウィルス剤と入院中の
怖い思い、おかんは何で病院に連れて行ったの?という思いなどが
QX-SCIOの反応で出ていたそうで(ごめんね~)

オリジナルレメディ2種を処方してもらいました。

朝 Melat 15C
Pineal 15C
Hyos 6C 主に精神面に作用するレメディーです。

夜 Antibiot-C-D30C(抗ウィルス剤の毒出し)
Tamif-D30C His 30C


夜のレメディーの毒出しで又好転反応が出てしまうかもしれないですが、
ぽけこは毒の排出が巧くいくタイプで、免疫が強い子らしく
もし好転反応が出てもそれを乗り切れば、さらに元気になってくれるのは
間違いありません。

ぽけちゃんは強い子!元気な子!力こぶ
と、寅子先生も太鼓判です。

しかも、前回の相談会で反応があった、
”単調な毎日”の反応は無くなっていました笑い
これものん太郎が我が家に来てくれて、ぽけこと
遊んでくれているおかげです、ありがとうね、のん太郎ドキドキ大

そういえば、ぽけこは結構寒さに強い子で、のん太郎がこたつの中で
寝まくりなのに、ぽけこはこたつには入りません猫
実家の7匹のにゃんずは全員こたつLOVERSハート
人間がこたつに足を入れようものなら、こたつの中で
暴動が起きるのに大波


そしてのん太郎は今日もおとんのお膝でコタツに入る。。。

サンタさんとのツーショット木
img20091225_2.jpg


Merry Christmas~木キラキラ
世界中のにゃんずが幸せに暮らせる世の中になりますように。。。。。
ドキドキ大




お鼻きれいきれい

お外の暮らしが長かったのでキジ猫くんのお鼻の毛が固まってガビガビでした。
ホメオパシーのウェットティッシュをお湯で少しふやかして液体のチンクチャーを
2~3滴たらしたものでお鼻を毎日こまめに拭いてたら昨晩ガビガビがボロボロと
はがれて、指で手伝って本人も痛がること無く全部キレイにむけました拍手 

dsc_0678.jpg

使用前@お鼻ガビガビ


dsc_0710.jpg

使用後@きれいきれい♪ よっ!男前


dsc_0717.jpg

・ウェットティッシュ「木の花の咲くや」(カレンデュラ&ヒペリカム成分)
・ペット用の液体チンクチャーNo,7(エキナシア成分)



dsc_0337.jpg

ぽけこ)あらドキドキ小おにぃちゃん、男あがったね・・・と言ったかどうか。。。








☆里親募集中 
現在、里親募集中の2匹の子猫エィちゃんとシィくんです。
興味がある人は愛しのにゃんころりんのぷくぷくさんまでご連絡ください。
サイト”愛しのにゃんころりん”にアクセスして画面左上『home』→画面左側の欄『メッセージを送る』からぷくぷくさん宛にメールを送ることが出来ます(非公開です)。












ホメオパシーコングレス in 京都

先週の土曜日、ぽけこママは
ホメオパシーのコングレス参加の為
京都に日帰りで行ってきました。

お天気はあいにくの雨でしたが、
ペットの病気の症例も発表されるとのことで
わくわくしながら参加してきました。

img20090915.jpg

会場の京都国際会館付近は緑が多くて癒されますキラキラ
猫ちゃんの心臓肥大の症例などとても勉強になる
内容でしたよハート

さて、ぽけこにはペットの為の
ホメオパシーマザーティンクチャーをお土産に、、
そして、
前からイギリスから注文していた、ペットのための
バッチフラワーレメディーも
届きました。
img20090915_1.jpg

左から バッチフラワーレメディー
NO 3.Aggression 問題行動、凶暴性、噛み癖などに

NO 5 Recovery  身体の衰弱に、病後、手術後の回復に


そして液体のマザーティンクチャー
No 06 Alfalfa アルファルファの成分入りで、
栄養、免疫力アップに、病後にも。

NO 15 Passiflora パッシフローラハイビスカス
問題行動、マーキング、噛み癖など、
精神的なストレス
に。

ぽけこちゃんは噛み癖がなかなか治らず悲しい
困ってます。
今までは免疫力アップの為のNO.06だけ摂っていましたが
取り合えず、噛み癖改善に効くかどうかしばらく
No15とフラワーエッセンスのNO.3も試してみます。

ちなみに他には風邪、炎症、ワクチンの毒出し、腎臓、の為など
他にもマザーティンクチャーがありますが、
人間にも使えるものが15種類あります。

商品の詳しい説明は http://www.homoeopathy.co.jp

まで、商品も購入できますよハート
ぽけこちゃんの噛み癖が変化するか、、又ご報告しますOK  

猫の口内炎

最近、元々野良猫ちゃんだった猫ちゃん達を
保護している方々と交流する機会が増えていますが、
多くの元野良ちゃん達が口内炎をわずらっているケースを
目の当たりにしています悲しい

野良ねこちゃんは
栄養状況や外的原因で口内炎になりやすいのは仕方が
ないのですが、一度患うと中々完治しにくいのが口内炎です。

西洋医学の薬ですと、”口内炎一般的に効く薬”として
処方されると思いますが

ホメオパシー的には口内炎でも、その症状によって
適合するレメディーがさまざまです。

口が乾燥して、赤く光沢がある口内炎 → Belladonna (べラドーナ)

小水疱があり、その後敗れてびらん化する口内炎 → Borax(ボーラックス)
青っぽく、端が白い、壊疸に罹った口内炎 → Ars-alb(アーセニカム)
夜になると悪化し、口の中が汚くみえる → Mercurius (マーキュリー

などなど、、他にも沢山口内炎に合うレメディーが存在します。


ホメオパシーのレメディーは各レメディーごとに
症状が細分化されているので
症状に合ったレメディーを巧く取ると
劇的に改善されたりします。

今のところ、うちのぽけこちゃんハートは健康そのものウインクなので
日常の免疫力を上げるレメディーやフラワーエッセンスを
取っているだけですが、今後ワクチンを接種すると、
一時的に元気がなくなったりする場合もありますし、
ワクチンにも防腐剤幽霊など、動物にも人間の身体にも
負担をかける物質が入っていますが、
ワクチン接種後はその物質を排出する為のレメディーも存在します。

ホメオパシー製剤での経口ワクチンは副作用がなく、
身体にも負担をかけないので、経口ワクチンで病気の予防をするという
のもひとつの方法でもあります。

ご興味のある方は
ホメオパシー出版から出ている

”猫のためのホメオパシー”ジョージ.マクラウド著
由井寅子日本語版監修

をご参考にされてみてくださいね。

><>ぽけこママはこの本を読んでまふが、
ぽけこは噛み噛みするのが大好きでふハート
dsc_0120.jpg

まるおくん、安らかに

ぽけこを保護主してくれた、”猫の天使”の
ぷくぷくさんがぽけこの次に保護したふくこちゃんに続き、
ようやく保護したまるおくん
亡くなってしまいました。

重度の疥癬だったようですが、悲しい事にようやく動物病院で
治療を始めたとたん
亡くなってしまいました。

動物の疥癬は人間が想像できないほどのかゆみが発生し、
それにともなう体力消耗、
→免疫力低下→口内炎などの炎症、嘔吐、軟便などの全身の症状が
悪化するそうです。


ホメオパシーのレメディでは

Morgan
Sulphur
そして疥癬マヤズム治療に使われる”Psorinum"
Arsenicum
などが役に立つとされています。

けれどもまるおくんの場合はもう肉体が限界だったのでしょうか、、、、
野良として生活して、飢えや寒さ、暑さに耐えて、、苦しんで、、

そして、ぷくぷくさんに手を差し伸べてもらって、、、
これでようやく安心して生きていける、、と思ったけれども
自分の肉体がついていけなかった。。

でも最後に優しい、優しい手に助けてもらった、
もういいや、楽になろう、、って、自分の肉体にさようならしたのでしょう。

まるおくんに対して、何も出来なかった、と悔やむぷくぷくさんへ
離別のNO1レメディー、"Ignatia"を送りました。

悲しい別れが訪れたとしても、成長するために
その悲しみから立ち直らなければなりません。

ぷくぷくさんが感情を押し殺さずに、沢山泣いてくれて、
そして又、ぷくぷくさんの手を必要とするにゃんこちゃん
を幸せにするために、乗り越えるお手伝いをレメディーが
してくれたら良いな、と祈っています。

まるおくん、安らかにね、、、もう苦しまなくて良いね。
まるおくんの肉体さん、お疲れ様。
まるおくんの魂さん、又生まれ変わるまで
ぷくぷくさんを見守っていてあげてね。



img20090813_1.jpg



合掌

ホメオパシーのイベントにて

今日はお台場のビックサイトで開催された
”癒しフェア”に行って来ました。

私が通っているホメオパシーの学校
”ロイヤルアカデミーオブホメオパシー”の学長で
ある由井寅子先生も2時間の講演会を開いたので
そちらに参加したあと、色々なヒーリング系のお店が出展している
ブースへ、、、

ホメオパシーのお店も出展していましたクローバー

img20090809.jpg


人間はもちろん、動物の症状が良くなった症例が写真と解説付きで
紹介されていました。

その動物の症例は犬、猫、イグアナさんの例もありました。

こちらでホメオパシーのレメディの他にフラワーエッセンスも
ご紹介していたので、以前ぽけこの咬み癖に合うフラワーエッセンスかな?
と私が判断してあげているフラワーエッセンスの”Tranquillity" (平安)
がもうひとつ効いている感がないので、

今回、他のフラワーエッセンスをスタッフの方に選んでもらいましたが、、、、

ぽけこに合ってそうなフラワーエッセンスは、、、

img20090810.jpg


コンポジットエッセンスの ”Anger & Frustration "
すなわち、”不満と怒り”落ち込み



ぽけこたんは、何気に不満や怒りのエネルギーを咬むことで
発散しているそうで、(ママ反省悲しい

まず、このエネルギーを調整してから、”平安”を試みる方が
良いそうです。


今日、由井先生の講演で先生が、

”自分が本当に必要じゃないものは手に入らない、
手に入らなかったものは自分に必要でないものなんです、、、”

とお話していました。


ぽけこたんの右足が先天的に短いこと、
肉球が無くて不自由かな、、、と凄く心配していましたが、
そんなハンディを感じさせないくらい、ぽけこは子ヤギの
ごとく、ぴょんぴょん跳ねて、元気に過ごしています。

ぽけこは右足の肉球も爪も、生まれてきた時に
手に入らなかったけど、
彼女にはそれが必要じゃないくらい、その分元気でいてくれるのかも
しれません。

でもぽけこは私のところに来てくれたから、
私にとっては必要だったんだと思う。。

ぽけこちゃん、今日もありがとうねハート
ぽけこパパもぽけことお留守番してくれてありがとうドキドキ大
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ